FC2ブログ
  link    write  admin

夏のアムステルダム続編

アムステルダムネタ 

引っ張るなぁ~f(^^;)

というのも、本当に素敵な街なんです。


特に建物ですね。

ローマのように長い歴史の王国が作った
遺跡に近い建造物というよりは
もう少し近代で、しかもヒューマンスケールなんです。


どちらもそれぞれに魅力ある街ですが
アムステルダムの生活感は何とも言えません。

で、旅の続き

アムス02
無料のフェリーは生活の脚の一つ。
歩き、バイク、もちろんオランダ名物の自転車に乗った人が
たくさん乗り込んできます。

アムス03
駅構内の花屋さん。
オランダ=チューリップですが
さすがのオランダも
チューリップは春にしか咲かないそうです。
しかし、豊富な花の種類にびっくり!


アムス04
駅にはトラムに乗るための切符を買いに行ったんだった。
すっかり駅周辺でみちくさしましたが
無事窓口でトラムのチケットを購入。

オランダ初トラムです。
で、その車中からの眺め↑
運河です!!!!
なぁんてホトジェニックなんでしょう。

アムス06 アムス08 アムス07 アムス09

この日はまず、国立美術館へむかってみました。

「アムステルダム国立美術館」
開館時間:毎日9:00~17:00
入館料 :大人 €15、18歳以下は無料


古いお城のようなたたずまいのこの美術館はオランダの歩みが
わかる美術館だそうで

・アムステルダムに住んでいた画家:レンブラントの「夜警」
・フェルメール「牛乳を注ぐ女」
・1676年に作られた「ドールハウス」

などが有名。
改装工事が進んで、絵画はもちろん 建物そのものも
とてもすてきな美術館でした。

この国立美術館のある一帯にはそのほかにも
「ゴッホ美術館」
「アムステルダム市立美術館」
があり、その前がミュージアム広場という
大きな芝生の広場になっています。

日光浴したり、お弁当を広げたり
皆さん思い思いにのどかな時間を過ごしていました。

アムス05 アムス10 アムス13
アムス12 アムス11
 
この日は気温こそ高くないものの、日差しが強かったんです。
H所員、広場の池?で水遊び!!私も 素足になって 足湯ならぬ足水?!
しました(笑)

美術鑑賞と水遊び。
帰りながらのムント広場近くで毎日開かれている
「花市場」に行ってみました。

運河沿いに浮かぶハウス15~16軒あったでしょうか?
すべて花屋さん!!

しかし季節がお花の少ない時期だからでしょうか。
切り花や鉢植えのように実際咲いている花よりも
球根や種、お土産の木工品や木靴等の方が目に付いたかもf(^^;)

とはいっても、花瓶、植木鉢、その他園芸の小物
もたくさんありぶらり午後のひと時を過ごしました。
アムス15 アムス16

と、こんな感じでこのままホテルまで街歩きしながら
2日目が終了。

3日目はH所員のリクエスト
「アムステルダム動物園」にむかってみることに
しました。
アムス17
それでは今日はこのへんで。

スポンサーサイト



16:02 | ふと…( ̄_ ̄ )。o0 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
新日鐵住金 鹿島製鉄所の工場見学 | top | あれから8カ月

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sunnnami.blog101.fc2.com/tb.php/428-7e06215d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)