FC2ブログ
  link    write  admin

建物見学 前川國男の巻

五月晴れの日曜日

I田さんご夫妻とともに建物見学に行ってきました。

所長と、同じく設計事務所を営まれるI田さんが
定期的に行っている勉強会の見学会バージョン。
N所員・H所員も特別に参加させていただきました。

今回は 「前川國男の巻」となりました。
前川國男というと 現代建築史に残る有名建築
「京都文化会館」や
「東京文化会館」を設計した教科書の上の人。

前川邸

最初は 小金井公園内にある江戸東京博物館
目的は もちろん前川國男の自邸。

軽井沢で見たレイモンドの「夏の家」を思い出させる
たたずまい。

大学生が課題をもってお勉強にきていました。

雑誌などで写真は何度もみていたのですが、
実物は外見が思ったよりもずっと小さい。
なのに、内部に入ると 狭いイメージはない。。。

この感じも 夏の家と同じ。

五月の風を感じながら、しばし見学。
親子カメラマン

偶然居合わせた学芸員らしきおじさんから 裏話も聞きながら
充実した時間を過ごしました。

他の建物群を見学したり、お昼を食べた後は
上野に移動し、東京文化会館を見学。

東京文化会館
入口

自邸の木造で柔らかい・カワイらしい雰囲気とはまったく違った
コンクリートの面が象徴的な力強いイメージ。

建物の規模も使用目的も違うのもあるのでしょうけど
同じ人の設計でも こうも違うのかといった印象。

コンクリートと赤や青を合わせた入口は
今見ても20年後みても「懐かしいのに新しい」
感じを受けるんだろうなぁ。

一言でいうとかっこいい。

中に入ると
黒い天井に☆星のように配置されたライト

この小さいのにキラッとする照明が ドラマチック。

2階の壁は 入口と同じ赤が塗られていて
吹き抜けからみえる。
そこを歩く人が 絵になるだな。これが。


せっかくなので、向いの西洋美術館(ル・コルビジェ)や
近くの法隆寺宝物館も見学。
宝物館

どれもこれもそれぞれに特徴があり
見てよし、入ってよし、見応えのある建物ばかりでした。
I田ご夫妻とのおしゃべりもとても楽しく、
有意義な1日でした。

ありがとうございました。
スポンサーサイト



15:18 | (・o・)ノ nami物 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ついに!? | top | コンサートと楽器購入

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sunnnami.blog101.fc2.com/tb.php/389-d634a597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)